FC2ブログ

亀蔵組 「官能映像日記」

AV制作集団「亀蔵組」の制作裏話などを綴ってゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗報です!

 ゆさ監督の監督デビュー作「ちん獣ハンター・ツユ子」に追加注文がはいりました。
 なんとあの「TUTAYA」から620枚。
 これは亀蔵オリジナルDVD始まって以来の快挙です。
 なんとなく大ヒットの予感がしてまいりました。
 この作品が売れないことにはゆさ監督も二作目を撮れません。
 みなさん、店頭(って成人向けはたいがいカーテンの奥)に並んだらぜひ手にとってみてくださいね。

 このよーに自社作品の告知ばかりしていると、
 ぼっちは「ただでブログをやりながら金儲けをもくろむセコい野郎だ」とお感じになる方もおられるかもしれません。
 そう思われてもいた仕方ありません。
 「アダルト関係」のホームページってものすごく「お金儲け」の臭いがただよっています。
 当初はこのブログにも「アフェリエイト」みたいな課金システムを導入しては、とゆー意見もありました。
 そしてこのブログのメニューには自社作品のバナーがいっぱい貼ってあります。
 もちろん自分のかかわった作品です。
 売れて欲しいと思っています。
 でないと亀蔵組がなくなっちゃいますから。
 でも、このブログを始めた理由は、じつは「お金儲け」のためではないんです。
 ただ「告知」をしているだけなんです。
 だからこのブログのどのバナーをクリックしても(そのことで)亀蔵組には一銭のお金も入ってきません。
 だって、
 「亀蔵組の作品を一人でも多くの方に知っていただきたい」
 ただそれだけのために立ち上げたんですから。
 それに「このブログの記事及び写真の一切の著作権は、なんたらかんたら」とゆーケチなことも申し上げるつもりはありません。
 みなさん、こんなブログでよかったら、

 バンバンぱくってくださいね。

 だってその方が亀蔵組が知られる機会が増えますから。

 みんさん。
 いかがでしょー?
 まだぼっちが「せこい男」だとお思いになりますか?
 どちかとゆーと「わりと太っ腹な男」に感じてきていませんか。
 しかし、残念ながらぼっちはそこまで人のよい男ではありません。
 そーなんです。
 真実のぼっちはもっともっとクールにビジネスを考える、
 「野望に満ちた男」なんです。
 自分をあえて「鷹揚で誠実な人」にみせることで、
 好感度を上げ、
 AVファンたちの隙をつき、
 あるいはAVファン以外のユーザーを大量に取り込み、
 幾千万の自社作品を叩き売り、
 巨万の富を築こうとゆー、
 生き馬の目を抜くビジネス展開を構想しているのです。
 なんとゆー狡知!
 アハ!
 アハハハハハハハハ!
 そのときのことを考えるともー笑いが止まりません。
 問題なのはアクセス数がぜんぜん伸びずに、
 「そもそもネット社会にぼっちを知っている方がまったく存在しない」とゆーことなのですが、
 ネット知性の低いぼっちにはそれを改善する方法がさっぱりわかりません。
 いまこの記事をお読みのみなさん、
 どんなジャンルでもけっこうです。
 ぼっちと相互リンクしてくださいね。
 このままだと明日の煙草も買えなくなりますから。



« 忘年会|Top|天音まりあちゃんを縛りました。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamezogumi.blog51.fc2.com/tb.php/8-38e4a4a3

Top

HOME

ぼっち

Author:ぼっち
はじめまして。
亀蔵監督ひきいる、
官能メディア制作集団「亀蔵組」の制作を担当しております。
女優さんのこと、
男優さんのこと、
企画のことなど、
AVファンのみなさんの「ちょっと気になる撮影裏話」などを、
つづってゆけたらと思います。

エントリーはぼっちの他、
亀蔵監督や
亀蔵組とかかわったさまざまなAV監督に、
書いていただこうと思っております。

相互リンク募集中。
AVファンのみなさま、ぜひリンクしてください。
心よりお待ち申しております。

この人とブロともになる

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


kayo_hyou1.jpg

ぶたまんすじまんジャケット

n_zab01.jpg


みなしご1

みなしご2

叔母1

叔母2

田舎から来た家政婦

イモ奴隷

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。