FC2ブログ

亀蔵組 「官能映像日記」

AV制作集団「亀蔵組」の制作裏話などを綴ってゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

 AVファンのみなさま、
 こんにちは。
 ぼっちと申します。
 のっけからつかぬことをお聞きしますが、
 「亀蔵監督」ってご存知ですか?
 え、ご存知ない?
 右の作品をみても思い出さない?
 えー?! 思い出さない?!
 う、ううう。
 ……そーなんです。
 じつはご存じの方が少ないんです。
 とってもいやらしくてえぐい、
 なおかつ不思議なAV作品をたくさんお撮りになっている監督なのに。
(右メニューに並べたのは「亀蔵組制作作品だけ」です。メーカーからの依頼でお撮りになったものも含めると、演出作品は100本をゆうに越えています)
 右のタイトルをみればおわかりのとーり、
 どの作品も「昭和の匂い」が横溢したとってもえげつないものばかりです。
 もちろんすべてのAVファンのみなさまが「勃つ作品」とは申しません。
 AVって「好み」がはっきりしていますから。
 でも、みなさまの中にきっと、
 善良でいたいげな「みなしご」とか「田舎の家政婦」とか「イモ奴隷」が、
 鬼畜のよーな男たちから、
 クリトリスをむかれて剃毛されたり、
 アヌスに指揮棒(タクト)を突っ込まれて「第九」の指揮をさせられたり、
 鼻フックをかけられたまま、アヌスに豚のしっぽを装着され、フェラさせられて、醜女(しこめ)の巨大なクリトリスを吸わされて…………
 と、まー、とにかくとってもひどい目に遭わされる、
 そーゆー「ドラマAV」が好きな方もいらっしゃると思いまして、
 あ、あのう、

 ……いらっしゃいますよね?

 このブログを始めたのは、
 そーゆー方々とお近づきなり、
 「亀蔵組の作品」について、
 あるいは「AV全般」について、
 お話ししたいと思ったからなんです。
 AVファンでない方も楽しめるエントリーにするつもりです。
 今後とも末永くお付き合いくださいね。

 さて、今回ご紹介するのは、
 亀蔵監督が(演出ではなく)はじめてプロデューサーに徹して完成した

 「ちん獣ハンターツユ子(主演 一戸のぞみ杏あづさ

 とゆー作品。
 これです。

      zab01_20091124174245.jpg

 演出を担当したのは、
 長年、亀蔵組の編集を担当していただいていた異才であり、
 類をみないAV愛好家であり、
 たいへんなイケメンであるにかかわらず、
 度し難いど変態であられる、

 「ゆさ監督」が満を持してのご登場です。

 なんとこの作品がゆさ監督の監督デビュー作になります。
 映画の世界ではよく、
 「監督デビュー作に、その監督のすべてが詰まっている」
 などと申します。
 AVにおいても、それは例外ではありません。
ゆさ監督お一人に「美術」「衣装」「特殊効果」「編集」をお願いしたこともあり)
 「ちん獣ハンター」にはゆさ監督が長年下半身に培養し続けた、

 レオタードブルマロリータパンツへの偏愛、
 モデル系痴女に対する異様なまでの執着、
 舌技、指技に対する過剰なまでの恥的好奇心、
 スタイリッシュかつフェティッシュ映像感覚、
 そして水木しげる先生への敬愛、

 が、ぎっしりとたまって、ではなく詰まっています。
(いったいどーゆーAVなんだ、と不安になった方もおられると思いますが、もー少し聞ーてください)
 とにかくたいへん面白い。
 早送りをする「ダレ場」などありません。
 場面はめまぐるしく変わりながら、
 ときに苦笑し、失笑し、あるいは爆笑しながら、
 じわじわと、
 ねちょねちょとフェラやクンニやちんぐり返しが展開してゆき、
 二度は抜けます。
 少なくともぼっちは二度抜きました。
 長年AVを観てきたぼっちも、
 「笑っていけるAV」とゆーものが成立することを知りませんでした。
 ゆさ監督の才能に脱帽。
 もしかしたらこの作品は「AV」というカテゴリーではなく、
 「激しく劣情をもよおすバカ映画」(もしそーゆーカテゴリーがあるなら)に、
 カウントされるべき作品なのかもしれません。
 
 主演の一戸のぞみちゃんも杏あづさちゃんも、
 ゆさ監督の演出にたいへんノリノリで、
(お二方とも設定そのものがたいへんお気入りなよーでした。杏ちゃんからは、「わたしの代表作になる!」とゆー光栄なお言葉までたまわりました)
 撮影中は、あそこを大洪水させながら変態痴女ぶりを披露してくださいました。
 そんなわけでぼっちは彼女たちのすばらしー恥技に刺激され、
 撮影中、股間の昂りが鎮まることをしりませんでした。
 そーゆー意味で、(ぼっちにとって)たいへん長く苦しー撮影であったことを、
 ご報告しておきます。
 
 ご興味をもたれた方、
 サンプルだけでも観てみてくださいね。
(画像をクリック)
(サンプルはリンク先ページの中ほどにあります)


 プロフィールにも告知しましたが、
 相互リンク募集中です。
 奇特なAVファンの方、ぜひぜひお声をかけてくださいね。

« 潮を吹く女、潮を拭く男|Top

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamezogumi.blog51.fc2.com/tb.php/1-64327efe

Top

HOME

ぼっち

Author:ぼっち
はじめまして。
亀蔵監督ひきいる、
官能メディア制作集団「亀蔵組」の制作を担当しております。
女優さんのこと、
男優さんのこと、
企画のことなど、
AVファンのみなさんの「ちょっと気になる撮影裏話」などを、
つづってゆけたらと思います。

エントリーはぼっちの他、
亀蔵監督や
亀蔵組とかかわったさまざまなAV監督に、
書いていただこうと思っております。

相互リンク募集中。
AVファンのみなさま、ぜひリンクしてください。
心よりお待ち申しております。

この人とブロともになる

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


kayo_hyou1.jpg

ぶたまんすじまんジャケット

n_zab01.jpg


みなしご1

みなしご2

叔母1

叔母2

田舎から来た家政婦

イモ奴隷

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。